2015年度のChallenge Rock Crawling .....2015年2月15日

write by

20150203.jpg

2015年度のChallenge Rock Crawlingを以下の様に開催いたします。
http://ocjc.jp/regulation/index2.php

レギュレーションはこちら
http://ocjc.jp/c-rock/regulation.pdf

まずは開催日程ですが、
===============================
 3月29日 チャレンジロック 第1戦  
       猿投アドベンチャーフィールド(愛知県)
 6月 7日 チャレンジロック 第2戦  
       オフロードパーク黒井沢   (岐阜県)
10月11日 チャレンジロック 第3戦  
       オフロードパーク黒井沢   (岐阜県)
===============================
昨年度までは、第1、2戦+決勝戦のKINGでしたが、今年度は年間のシリーズ戦として3戦(第1〜3戦)行うことになりました。
これはChallenge Rock Crawlingをシリーズ戦として行い年間ランキングを決定します。
シリーズ戦については、レギュレーションの【第12条 シリーズ戦規定】に詳しく記載してあります。

クラス分けについては大幅に変更しました。
===============================
無制限クラス
 37インチを超えるデフロック付き車両、
 もしくはショップ推薦のある37インチ以下のデフロック付き車両

デフロック37クラス  
 37インチまでのデフロック付車両

デフロック35クラス  
 35インチまでのデフロック付車両

レギュラークラス      
 デフロック無車両・独立懸架車両・その他
===============================
・無制限クラスを新しく設けました。
・ショートとロングの区分けをやめてタイヤサイズでクラスを分ける事としました。 
・35インチまでのデフロック付き車両はデフロック35クラス、37インチまでのデフロック付き車両はデフロック37クラスとしました。
・37インチ以下のデフロック付き車両について、OCJCショップの推薦がある場合、無制限クラスへのエントリーも可能とします。
クラス分けについて、【第16条 車両規定(5)】に詳しく記載しています。

クラス分けに関連して安全上の配慮から、無制限クラスへのエントリー車両は、
===============================
・4点式以上のハーネスの装着を義務付ける。
・幌、オープン車両は6点以上のロールケージ装着を義務付ける。
・FRPなどの樹脂製のハードトップ(ラングラー系のハードトップ、ランクル73のFRPトップ等)も同様とする。
・外す事が出来ない箱型のボディ形状を有する車両の場合でも、競技時にドアを外して競技する場合、もしくはパイプドア、ハーフドアに換えて競技する場合も同様とする。
===============================
としました。【第14条 安全装備規定(5)】と【第16条 車両規定(4)】
昨年、Challenge Rock Crawling大会で初めて後転したエントラントが出ました。幸いにも怪我も無く大事に至ることはありませんでしたが、私達ももう一度安全規定について考え直しました。その結果、激しくチャレンジするであろう無制限クラスは上記の様な安全装備を必須としました。もちろん他のクラスにおいても推奨としており、出来れば同様の安全装備をしてエントリーをして頂きたいと私たちは考えています。
また具体的な例を挙げますと、無制限クラスへエントリーする車両は、
・4点式以上のシートベルトを必ず装備する事。
・ジープ・ラングラー系、ランドクルーザー73系などの車両については、幌、オープン、樹脂製のハードトップのいずれかと思いますので、必ず6点以上のロールケージ装着する事。
 上記車両で横転した事例を見ますと、フロントガラス部分が潰れていることが多く、この部分をロールケージ装着により保護するのが目的です。
・外す事が出来ない箱型のボディ形状を有する車両、例えばランドクルーザー80とか、ジープチェロキーなどは、競技をする際にドアをドアを外して競技する場合、もしくはパイプドア、ハーフドアに換えて競技する場合も必ず6点以上のロールケージ装着する事。

そしてこうした安全面での配慮から、Challenge Rock Crawling名物の男道ゲートは、
===============================
無制限クラス、及び無制限クラスに準じた安全装備【第14条(5)】、車両規定【第15条(4)】に合致した競技者のみ挑戦できることとする。
===============================
【第17条 競技の配点について(1)】
としました。

またさらにスポッターロープの使用についていろいろと議論しましたが、ロッククローリングの醍醐味としてスポッターロープを使用してセクションを闘ったりするのもわかるのですが、スポッターの安全面での不安を感じますので、OCJCではスポッターロープの使用を推奨せず、1回の使用でマイナス100ポイントとしました。

また最後となりましたが、今年もChallenge Rock Crawlingは、マキシス・インターナショナル・ジャパン様のスポンサードして頂ける事になりました。
大変感謝しております。

私達、OCJCはロッククローリングと言う競技を競技者、参加者はもちろん、私達自身も楽しんでやっていきたいと考えています。
2015年度もたくさんのエントリーをお待ちしています。