Featured Vehiclesの最近のブログ記事

Landcruiser76 Crawler

ステージ・フォーの76クローラー。
スキー場とかで見た事はあったけど中々詳しく知る機会はありません。
と言う訳で取材に行ってきました。

いやぁ〜もう見ただけで圧倒されるこの迫力!
メカメカしくて・・・

この76クローラー、とある目的の為に機能的な部分を徹底的に磨かれてクルマです。
その目的とは・・・
オーナーが冬の北海道で狩りをする為に雪の中を走りまわる。
そんな目的の為にこの76は作り込まれています。
周りをぐるっと囲んだ屈強なガード類、前後だけではなく、ルーフ、そして室内にもウィンチを装備。これは狩で得た獲物を積み込む為に必要なのだそうです。

そして私が乗ってみたかったクローラー。
スキー場なんかで送迎のバスに組み込んであるのを見た事はあります。
そのメカメカしさに私的に魅かれますねぇ。

と言う訳で試乗してきました。

ステージ・フォーの近所をぐるっと。

いやぁ〜もう何でも良くなる凄さがあります。

まず想像してたよりもアスファルトの上では乗り心地が悪い事。
動画のブレ具合を見てもらうとわかると思いますが結構振動がきます。
(それでもボガー程度ですがw)
また想像通り音がうるさいですねぇ(これもボガーくらいっw)

ただそんな事なんか吹っ飛んでしまうくらいのその存在感、メカメカしさに痺れます。
この試乗をした際もちょうど保育園の帰る時間で、園児達がみんな指を差して大注目!

このクローラー、いったいどういう製品なんだ!?って事でちょっと調べてみました。

この装着しているクローラーは、長野のノースウェストさんが扱っている”4x4デルタシリーズ”と言うモノで、サイトを見るとやはりスキー場などの雪だらけの所で活躍しているようです。

image2.jpg*画像はノースウェストさんのサイトから借用しました。

今回取材した76クローラーに装着されているのはデルタM-1ってタイプでアタッチメントを付ける事によりいろいろな車種に対応出来る様です。

もちろん普通のタイヤにハメ替えも可能です。
(このクローラーをハメ変えるのは凄く大変だそうですが・・・)

やはりこのクローラーは雪、それも相当な雪深い所まで対応できそうで、スキーやスノボを趣味をしている人ならまさにぴったりかも!?

O1133535.jpg O1133537.jpg O1133538.jpg

【取材車両データ】

 

ランドクルーザー76 ZX 

型式:KG-HZJ76K

原動機:1HZ

乗車定員:5人

8ナンバー(キャンピング)登録(キャンパーKIT無し)

 

【仕様詳細】

クローラー/ルーフキャリア装着時の実寸法:全長510cmX全幅200cmX全高240cm(多少の誤差はご勘弁下さい。)

95000km時にタイミングベルト交換済み

メーカー純正装備:F/Rデフロック・サンルーフ・PS・PW・AC

 

装備:

デルタシリーズ:デルタM(クローラー)

純正アルミホイール/ヨコハマ・ジオランダーI/T-315/75R16(4分山)

ARBフロントウィンチバンパー(電動ウィンチ2基装備)

オージースタイルアルミ特注ルーフキャリア

KOITOリモコンサーチライト・HIDフォグランプ

ツリーカットワイヤー

ハイリフトジャッキ/スペアタイヤブラケット

 

ウィンチ:

フロント-WARN M8274/電動キャプスタインウィンチ

リヤ-WARN M8000

ルーフ-TOP RANGER4500

室内-WARN M6000 特注大ドラム200m巻き/ソフトロープ用ハンドドラム

 

サスペンション:

フロント50mmアップコイルスペーサー

リヤロングシャックル+増しリーフ

50mmボディリフト

Ochan's TJ

KRF2008R27401111.jpg

好きになった物で、好きになった事をする
簡単なようで難しい気がする。
やりがいが有ると思えたら、それは誰よりも幸せやったりするんちゃう。

2006y File.1

2007y File.1

2008y File.1

08/11/01-02 KRF Photo

Special Thanks !!!

この記事はTJ4SERVICEさんのサイトから
承諾の上転載したものです。

project Brute:プロローグ

 

top_brute.jpg

いよいよ始まります!!
ずっとやってみたかったTJラングラーをピックアップに変身させるBRUTE製作。
いよいよ待ち望んだAEV製BRUTEキットを作業する事になりました!!

今回作業するのがこの車・・・

06tj.JPG

2006年TJラングラー・スポーツ 走行距離はナント!1,000km!!
TeraFlex4"サス+ロングアーム・2"ボディリフト・ZEALステアリングシステム等足廻りは完璧です。
それにしてもこんな新車みたいな車を切り刻んじゃっていいんでしょうか!?

これからブルート製作の過程、模様をアップしていきたいと思います。店頭仕事もあるのでブルート製作に掛かりきりという訳にはいきませのでいつまでかかる事やら・・・(メーカー資料によると平均作業時間は60時間(!?)との事・・・って出来るかっ!!)我慢強くお付き合い下さい・・・。

実はキットも現在まだ船の上で入荷もしていないんですけどね・・・。
いう訳でとりあえずは準備編からスタートです。

▶▶▶project Brute:準備編へ

特集:ビードロック・ホイール基本構造編

top_banner.jpg
特集:ビードロック・ホイール基本構造編
特集:ビートロックホイールを選ぶ理由
特集:ビードロックホイールメーカー:SOLID RACING

 

ここ数年、よくビードロックホイール装着車を見るようになりました。
4x4LIFEでも”ビードロック・ホイール特集”と題して、ビードロックホイールの仕組みや構造などの基礎知識から、使用する際のメリット&デメリット、さらには4X4LIFEの各ショップさんのお話や、ビードホイールメーカー”ソリッドレーシング”さんへの取材などを順次紹介していきたいと思います。

まずは。。。

ビードロックホイールってなんだ!?:基礎構造編

ビードロックホイールとは、簡単に言えば「ビードをロックするホイール」の事で、このビードとは、タイヤをリム(ホイール)に固定するリング状の補強構造となっている部分の事です。
このビード部分をビードロックリングで挟み込んで固定(=ロック)する構造のホイールがビードロックホイールと呼ばれるホイールです。

001.jpg各部の名称は上の写真がわかりやすいかと思います。
(ビードの部分はわかりやすい様に半透明の赤色に画像加工してあります)

 

 さて、このビードロックホイール、普通のホイールとどう違うのか?と言う事ですが、わかりやすい断面図がソリッドレーシングさんのサイトにありましたので紹介します。

 

wheel.gif

普通のホイールとタイヤの関係

普通のタイヤとホイールの関係は左図の様になっており、タイヤに空気が入り、空気圧が掛かる事により、ホイールのリムにビード部分に押し付けられ密着し固定されます。

wheel2.gif

ビードロックホイールとタイヤの関係

普通のタイヤとホイールの関係と違い、アウター側(左図で云うと右のリム側)のビードをホイールとビードロックリングで挟み込んで固定します。

普通のホイールとビードロックホイールの構造的な違いは、タイヤのビード部分の固定方法が違うという事になります。

※現在、アウター側、インナー側それぞれビードロックするタイプやインナーにナイロンのチューブ形状のものをいれてビードロックするタイプなどいろいろあります。

⇒次は「ビードロックホイールを選ぶ理由」

 

4x4LIFE SHOP WEBSITE

ホールショット

フェニックスオート

ナヴィク

T&T

スプリングロード

ステージ・フォー

ウーピー

ガレージ・ビルト

クアトロスポーツ

Special Contents

4x4LIFE BLOG 最新30件